「Remorks β版」は、アバターと働く異世界空間プラットホーム「ViKet Town(ビケットタウン)」として、2022年5月頃に正式ローンチが決定!本日、第1弾「4つの仮想都市」の情報解禁!

目次

ViKet Town(ビケットタウン)|異世界空間(メタバース)プラットホーム とは?

2021年4月よりβ版で運営してきましたリモートワーク活性化webオフィスツール『Remorks β版』は、アバターと働く異世界空間プラットホーム「ViKet Town(ビケットタウン)」として名称変更、2022年5月頃に正式ローンチが決定致しました。本日、第1弾「4つの仮想都市」の情報解禁を致します。

『アバターと働き、アバターと共に成長する。仲間だけの異世界空間を創造できる、コミュケーションプラットホーム。』「ViKet Town(ビケットタウン)」は、社員1人1人のワークエンゲージメントを高める事を目的とした異世界空間(カジュアルなメタバース)を提供しているサービスです。今後、「アバターと働く異世界空間プロジェクト」の 機能に関しては以下のように拡充して参ります。

「アバターと働く異世界空間プロジェクト」今後のリリース解禁時期
【情報解禁!】2021年12月 4つの都市空間
2022年1月中旬予定 魔法が使える世界へ
2022年2月中旬予定 自分のアバターを作ろう
2022年4月下旬予定 異世界空間の通貨やショップ

【本日情報解禁!】ViKet town(ビケットタウン) 4つの都市空間 概要

◆冒険のはじまり

──1日のはじまりは、異世界空間にアバターを転送することで冒険(仕事)がスタート。 異世界には、水中、宇宙、天空、地下の4つの都市があり、非日常感を感じながらワクワクする毎日をスタートすることができ、世界中からあつまるアバターたちの「おはよう」は、孤独感もなく、チームの一体感も生まれます。 世界中の仲間達と同じ空間で働いている環境は、通勤時間や居住場所の制限がないため、人生の選択肢がふえる働き方が可能に。 "人生の選択肢がふえる" 新たな時代が今、幕を開ける。──

今回、情報解禁したViKet town(ビケットタウン)4つの都市空間では、現時点で水中、宇宙、天空、地下の4つの都市空間が存在します。それぞれが好きな空間に出向き、非日常感を感じながら出勤することが可能となります。都市空間の中では、自分達で自由にルームを作ることができることもポイント。そこでは、ビデオ通話ができる部屋・音声ができる部屋・なにもない部屋で、社内ミーティングはもちろん、社外クライアントとの打ち合わせ用のルームも無制限で行うことが出来ます。

■天空
-天空に浮かぶ島をイメージしたデザイン。
神殿風や、雲の上に浮かぶ岩の塔など壮大な世界で

■地下
-地下の都市をイメージしたデザイン。
近未来感溢れる世界で働きませんか?

■宇宙
-宇宙空間をイメージしたデザイン。
宇宙から出勤することがついに実現。個性豊かな惑星と共に働くことができます。

■水中
-水中都市をイメージしたデザイン。
幻想的な世界観の中、魚や珊瑚たちがいる島で伸び伸びと過ごすことができます。

■シンプル
-会議室、セミナールーム、自宅など様々な業務形態に合わせたシンプルなデザイン。ROOMの用途や好みに合わせて変更できます

異世界空間とリアルな世界をつなぐRoomとは?

異世界空間には、リアルな世界同士をつなぐ"Room"が存在します。Roomには、Video 、Voice 、Normalの3種類あり、それぞれのRoomは、無限に作成できますので、様々の用途に応じてつくることが可能です。

【Video】ビデオ通話

どの部屋で誰が何人のビデオ通話している姿が見えます。また、外部URLを発行する事で異世界空間のアバター以外も利用可能に。ビデオ通話が終わればRoomからアイコンがいなくなるので会議が終わったこともチームに伝えることができます。

・ビデオ通話中のメンバーが見える
・ゲスト招待はURLを送るだけ
・ゲストの人数もわかる
・最大50人ビデオ通話可能
・会議の時間や終了タイミングがわかる

【Voice】音声通話

声だけのコミュニケーションができる部屋。テーマを決めて部屋をつくり、アバターが部屋にはいると部屋にいるアバター同士で音声通話が可能です。 出入りは自由自由。声だけつながる部屋は、雑談をしたい時、ビデオ会議をするほどでもない会議必、チームでずっと声はつないでいたい時、チャットでは伝えきれない時など、ビデオ以下チャット以上のコミュニケーションが必要な時にちょうど良いvoice chat Roomです。
・voice通話中のメンバーが見える
・最大10人の同時通話可能
・好きなテーマに沿って部屋をつくれる
・出入りは自由
・会議の時間や終了タイミングがわかる

【Normal】なにもない部屋

異世界空間以外で仕事をしている場合には、何もない部屋をつくり、状況を伝える事が可能です。 PC以外の作業をしている時や、接客をしている時、集中して誰とも話したくない時など、伝えたい状況の名前で部屋をつくり、部屋に入る事で異世界空間にいる仲間に自分の状況を伝える使い方をします。 ・作成は無限大(消したり増やしたり自由)
・PCがスリープになっていても固定される部屋
・いつ異世界空間に戻ってくるかをつたえることが可能
・誰とどこへ行っているなども伝えら得る

【リアルワールド】

現実世界ではどこにいるかを伝えることが可能です。在宅、オフィス、コアワーキングスペース、カフェ等。また、オフィスのホワイトボードのように使い方は自由自在です。
たとえば、
・勤務場所ごとにつくる
・雇用形態ごとにつくる
・部署ごとにつくる
・モチベーションごとにつくる

◆その他異世界空間でできること

実は、ViKet town(ビケットタウン)の異世界空間では、リアルな世界では正確に取得できないすべての事柄を見える化することが可能です。 その為、勤怠管理、タイムカード、社内報、日報、位置情報、MAP作成機能、社員紹介、等、の既存機能に加えて、各組織やチームの状況に応じて、取得したい情報やアラートを設定でき、リアルなオフィス環境よりも、働く社員の健康管理が充実する機能も存在します。

“働く”ストレスの3大要因を解消し、​働くこと自体がエンターテイメントに変わる空間を

私達は、現代社会が抱える3つの不自由(場所、管理、評価)を解消し、社員をストレスから解放することで、イノベーションを起こす企業が誕生する空間を実現していきたいと考えています。

1 場所からの自由 アバターチャット機能、ビデオ通話、音声通話、位置情報、スポット登録
2 管理からの自由 出退勤タイムカード、各タイムアラート、勤怠管理、シフト管理
3 評価からの自由 日報、社内報、ポイントと社内通貨

サービス変更の概要

▪変更日
2022年3月上旬頃を予定

▪公式サイトURL
<変更前> https://remorks.com/
<変更後> https://viket-town.com/

▪サービス名称
<変更前> リモートワーク活性化webオフィスツール「Remorks β版 (リモークス)」
<変更後> アバターと働く異世界空間プラットホーム「Viket town(ビケットタウン)」

▪サービスロゴ
<変更前>


<変更後>

Back to Top