『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』 そんな経営理念に隠された、仲間達のエピソード。

目次

こんにちは。冒険社プラコレ広報です。
本日はプラコレが創業期から掲げる経営理念についてお話します。私達には2つの経営理念があり、『新しい価値を創造し続けられる会社にすること』『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』の2点を掲げています。本日は後者の『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』についてご紹介します。

覚えてもらうものではなく、好きになってもらうもの

まず、私達にとってプラコレにとって経営理念は、入社し「覚える」ものではなく、その言葉に共感し「好き」になる言葉です。
今回紹介する『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』という経営理念には、創業当時から今日までの5年間という時間を通して、プラコレで一緒に働く仲間達の隠れた最高のエピソードが詰まっているんです。

みんなでみんなの「夢」を叶えることで、みんなでみんなの「笑顔」を叶えることに。

実は、もともとの経営理念は『みんなでみんなの夢を叶えられる会社にすること』でした。夢を叶えることで、仲間の「笑顔」に繋がります。ただがむしゃらに夢を追うのではなく、仲間と、自由で笑顔溢れる会社を作りたい、それに気付いたとき、経営理念は『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』に変わりました。

『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』

"仲間を世界一大切にする"プラコレの仲間たちは、
誰かが「夢」を掲げたら、ぜんいんが誰かの、その夢への意識を始めます。
メンバーぜんいんが小さな意識を始め、いろんなところにアンテナ張っていると、ある時、ふとその夢のサポートする行動が取れるようになっていくものなのです。というのも、少しずついろんなチャンスがまいこんできて、そのチャンスを掴むことで、誰かの「夢」に繋がっていくのです。夢を語れば、みんなが叶えようとしてくれる会社、それが『みんなでみんなの笑顔(=夢)を叶えられる会社にすること』ということです。

入社して1年目のメンバーが語った「ウェディングドレスを作りたい」という夢。

元ドレスショップ店長の彼女の夢は「いつか自分がデザインしたウェディングドレスを作ること」。その夢は、いつしか会社全体に広まり、ぜんいんがその夢を意識し、気付いたときには、「オリジナルのウェディングドレスを作る」ということは、私たちぜんいんの夢となっていました。

そんなある日、有名デザイナーさんより「プラコレとしてウェディングドレスをプロデュースする」というお話をいただき、ついにオリジナルドレスの制作がスタート。夢を語った彼女も、プロジェクトメンバーの一員として、最高のウェディングドレスが完成。これは夢を語った彼女が入社3年目となったときの出来事です。彼女が夢を語ったことで「ウェディングドレスを作りたい」という想いが社内全体に行き渡り、ぜんいんのところへ、少しずついろんなチャンスがまいこみ、そのチャンスを誰か一人が掴むことで、彼女の「夢」、そして「笑顔」に繋がったのです。

会社=夢の集合体

会社って本来は、「夢が一緒」の仲間が集まり、その夢を1人で目指すより、同じ夢を持った仲間で目指したほうが、その夢を叶える確率があがるからできた仕組みですよね。でも、現代を生きる人達にとって"会社=ストレス"と捉える方の方が多く存在するのが現状。
プラコレではそれを、もう一度原点に戻って「会社=夢の集合体」という、その本質を理解したいと思っています。現代人がストレスを感じている会社。私達は、改めて「笑顔で楽しくみんなで夢を追いたい」と考え、どこまでも誰かを幸せにする会社でありたいと思っています。

そして「笑顔」になれる環境を用意すること。

プラコレが考える『みんなでみんなの笑顔を叶えられる会社にすること』は「みんなの得意分野をみつけられる」こと。それっていろんなことに「挑戦」できること。私達は、「失敗を批判しない」という行動指針の元、実は、成果があがるまであらゆる仕事を経験させてあげられるそんな環境が既に整っているのです。

プラコレには今日も、たくさんの夢と笑顔が溢れています。

「上場!」「二次元のキャラクターと結婚式をしたい」「マンガ主人公給を冊子化する」「一生家族と友達と仲間を笑わせ続ける!」「自分がデザインしたオリジナルドレスを花嫁さまに着ていただくこと」「一般の方や花嫁さまがプラコレの企画や取り組みを見たときにワクワクするものをつくる!発信する!神奈川の面白い会社=カヤック のイメージを越えたい!」「誰かの頑張る原動力になれる人になりたい」「みんなが笑顔で楽しく毎日働けるような環境を作る」「家族の健康と笑顔を保ちながら、自分は好きな仕事好きなことをすること」「プラコレのドレスブランドつくること」「広告チームの事業部つくれるくらい大きくする!」
そんな経営理念を掲げるプラコレには今日も夢と笑顔が溢れています。

Back to Top