ブライダル業界の新星、ビードレッセ 河合美憂さんが、花嫁アプリ『PLACOLE&DRESSY』に初登場!彼女が語る結婚式の魅力と花嫁へのメッセージとは?

目次

特別な時代を過ごす花嫁へ

特別な時代を過ごす花嫁へ、DRESSYが贈る、特別コンテンツ。第16回目は、BRASS(ブラス)の ドレスショップ「B.DRESSER」プロデューサー河合美憂さんが登場!こんな時代だからこそ、彼女が語るウェディングドレスの魅力と花嫁へのメッセージとは?DRESSY編集長 武藤みなみよりインタビューさせていただきました。
【特別インタビュー】https://dressy.pla-cole.wedding/vol16-kawaimiyu/

──新型コロナウイルスによって、結婚式の延期や中止を余儀なくされる方が多くいらっしゃいます。この特別な時代を過ごす花嫁さまへメッセージをお願いします。──

辛い時期を過ごされた方も多いと思います。ただどんな形であれドレスを着ることを絶対に諦めないで欲しいです。この仕事を通して実感していることなのですが、ウエディングドレスには、普通の服を着た時とは全く異なる「特別な幸福感」があると思っています。ドレスに包まれた時のあの感覚は、本当に特別で、唯一無二の感情です。ドレスを着る文化が日本にはあまりないからこそ、より一層感じるのかもしれません。
だからこそ、一人でも多くの女の子を、私たちのウエディングドレスで、より可愛く、より幸せにできるよう、これからも力を尽くしていきたいと思います。そして「このウエディングドレスを着たい」「だから結婚式がしたい」という花嫁様を増やしていくことが私の目標です。

出演者情報

--ドレスショップ「B.DRESSER」プロデューサー 河合 美憂
新卒でB.DRESSER(ビードレッセ)のコーディネーターに。歴代1位の成績を残し、バイヤーやデザイナーとしても活躍した後、NY・ロンドンでドレス制作に携わる。帰国後、ビードレッセのプロデューサーに着任。オリジナルドレスブランド「meyou」を立ち上げる。

--インタビュー/ライター 武藤みなみ
PLACOLE & DRESSY 編集長。2016年新卒、入社すぐにInstagramアカウントを立ち上げ運用、現在ではSNS合計60万フォロワーを獲得。同時期にDRESSYのオウンドメディアを立ち上げ、現在では月間300万PVを超えるメディアへと成長させる。現在は同社広報としても活動。

Back to Top