プラコレweddingからPLACOLEへ−TOPリニューアル裏話をデザイナーに聞いちゃいました!【クリエイター対談vol.3】

目次

みなさま

こんにちは!
2020年2月22日、プラコレはブランドロゴをはじめとするサービスデザインを進化、リブランディングを発表いたしました。
リブランディングについての記事はこちら

それに伴い、プラコレのトップページのデザインも創業以来初のリニューアルを行いました。

今回はそんな一大プロジェクトのデザインを担当したデザイナーのづかさんに「PLACOLEのTOPリニューアル」についてインタビューをさせていただきました!

デザインはキャッチコピーから始まった

ーそもそもなんですが、このリブランディングのお話はいつ頃から出ていたのでしょうか?

企画としては1年くらい前から動いていましたね!最初は大型ブランディングの企画とかが上がっていたのでそれに合わせて動いていた形にはなるのですが、それをきっかけにプラコレの打ち出し方を見直そうとなりまして。

ーそんな前からでしたっけ・・!確かにかなり早い段階から会議の議題になったりしていましたね。

プラコレは創業時からTOPや診断のデザインを全然変えてなくて、それでも全然通用している感覚はあったのですが、もしプラコレを今の時代に合わせて打ち出すとしたらどう打ち出すかな?と。そこからどんどんアイデアが膨らんでいきました。
ちなみに、最初の頃のデザイン案はこんな感じだったり!

ーわー!懐かしい!ありましたね!この時はイラストを使用したインパクトのあるTOPを考えていたんですね。

この頃はまだ方向性も定まっていなかったので、色々探っていましたね。今のTOPと比べると、キャッチコピーもかなり強めでイラストのイメージも強い女性!という感じ。
それまでのプラコレって世界観は悪くないのですが、多様性やお洒落感を意識していて飛び抜けた感じが少し足りなかったんですよね。
もちろん、それまでの世界観を否定はせずに、よりシンプルに洗練されたイメージを作りたかったんだと思います。

ーそしてそこからとあるワードにキーワードが固まっていったんですよね。

そう。そこで出てくるのが「DRESSY ONLINE」ですね。

DRESSY ONLINEのこの「人生一度は魔法にかけられて」というキャッチコピーはドレスだけじゃなくてプラコレ全体のテーマになっていきました。
なので、「魔法」というワードに絞ってキャッチコピーも洗練されていき、TOPのデザイン案も変わっていきました。

ーあ、こういうデザイン案もあったんですね!これは以前のコラージュ的なデザインっぽさもありますね。

<以前のデザイン>

そうですね!ただ、なんとなくごちゃっとしてしまってる感が否めないですね。



ーおお!だいぶ今のデザインに近づいてきましたね!この時に意識してた事とかってあるんですか?

主役はあくまで花嫁様や、結婚式なのでプラコレを主張しすぎず主役が映えるようなデザインにしたい!とは思ってました。
これはDRESSYのコンセプトにも似ているのですが、プラコレ自体に色はいらなくて主役の花嫁様たちや自由な結婚式の色で色づいていくようにしたいのでTOPも彩度を落としてモノクロに近い形になりました。

<現在のTOPページ>

魔法感って、なんぞや

ーそうしてデザインはすごくシンプルで洗練されたイメージになりましたが、このTOPの特徴としてアニメーションもありますよね。ぜひこちらのこだわりも教えて欲しいです

そうですね。やっぱり、キャッチコピーに魔法を入れているので世界観としてはもっとワクワク感とか遊び心を忘れたくないなと思いました。
なので、アニメーションの表現にもすごく拘りました。

ここで1つ考える必要があったのが、「魔法感」ってなんぞや?というところでした。
「魔法」にしても、イメージは人それぞれ違いますからどんなものが魔法なのか一概に言えないですよね。

ー確かに。魔法と聞いて思い浮かべるものって好みとかによっても変わるかも・・・

ただ、結婚式となると一般的なターゲット層はF1層になってくる。そして、その世代の潜在意識的にはやっぱりディズニープリンセスを思い浮かべる人が多いんじゃないかなと思ったんです。
もっと具体的に言うと「シンデレラ」の有名な魔法にかけられるシーン。

ーあぁ。確かに私もあのシーンは印象的です。ディズニー好きじゃなくても知ってる人が大半な気がします

実際にプラコレ内の女性陣にも調査してみたのですが、「魔法」と聞いてイメージするものを聞いたところ「シンデレラ」と答える人が多かったんです。

ーなるほど。だからTOPのアニメーションにもシンデレラが魔法にかかる時のようなキラキラが出るんですね。

そうなんです。ただ、この表現を実現するのが結構難しくて。最初はエンジニアさんの方でアニメーションをつけて下さったりしていたのですが、しっくりこず・・・。
なんとか、シンデレラのような魔法感を出すために実際のアニメを見せながら説明してイメージをすり合わせていきました。

ー確かに、当時かなり悩まれてましたね。

他には、色味とかも悩みました。TOPが白をベースにした背景なのでキラキラのエフェクトの色が目立ちにくくなったりしまして・・。
いかにキラキラ感を表現できるかは結構苦労ポイントでした。

ー私も、エンジニアさんとのそういった意思疎通って難しいなと感じる事も多いので分かります。

こだわるべきところはとことんこだわりたいんですけど、何回も調整してもらうわけにもいかないのでいかに調整を減らせるかは意識してましたね。
社内とかならまだしも、社外の方にお願いするとなるとさらに気をつける部分かなと。
どうしたら分かりやすく伝えられるかなど伝え方は相当考えてました!

みんなで作る、PLACOLE

ー創業以来初のTOPリニューアルという事だったんですが、その時どんな心境だったんですか?

当たり前ですが、私がインターンとしてプラコレに入った時から見ていたTOPだったので、当然のようにあったものを自分が変えるという感覚は不思議でした。

ー私も実際に変わる時は結構ドキドキでした。でも以前は既にあったものだったのが、今度は自分達で作ったものになって今までより愛着がわきますよね

そうなんです!やっぱり、「みんなで作る」というのが大切なんだなと思います。
キャッチコピーやロゴのデザインも社内全員にアンケートをとったり、色んな人が関わっているので、みんなで作ったという事実が良いですよね。

ー会社もサービスもみんなで作るもの 私も今回のプロジェクトでそれを体感できて、とても貴重な機会でした。みんなで作ったという過程の部分はまた別の機会に詳しく書けたらいいですね!

書きましょう!
そして、プラコレは今後もどんどん新しい事に挑戦していくのでリリースのお知らせが盛り沢山になりそうですね!

ーそちらもとっっても楽しみです!
づかさん本日はありがとうございました!


プラコレのスーパーデザイナーであるづかさん。多くのプロジェクトを動かし、各所で輝いているづかさんの活躍は今後もプラコレを照らしてくれると思います。
次回もそんなキラキラなメンバーを紹介したいと思いますのでお楽しみに!

▶ 冒険社プラコレで一緒に働きたい人はこちら!

Back to Top