20代~30代女性1373名が回答した「結婚助成金」について、結婚したら「助成金」があることを知っていた女性は約10%、女性たちのリアルな意見をご紹介。

目次

-
20代~30代女性1373名が回答した
「結婚新生活支援事業費補助金 (結婚助成金)」について。
・結婚したら「助成金」があることを知っていた女性は13%
・それに対し、貰った又は貰う予定と答えた女性は5%。
・多くの女性が現時点での「該当地域」に住んでいないことがわかった。

プラコレは「自由な未来をつくる」という経営理念のもと、
Instagramのストーリーズを活用し、
リアルな花嫁様の本当の声を収集。
その声から本当に知りたい情報を発信しています。
ブライダル業界のSNSリーディングカンパニーとして
「自由な結婚式をつくる人を増やす」をサービス理念に、
ユーザーだけでなく、
ブライダル業界で働く人たちのお給料をあげられるような業界改革を
熱量もって推進しているチームです。

結婚したら「助成金」があることを知っていた女性は13%

なにかとお金がかかる新婚生活。
新婚生活にかかる費用の補助を受けることができる​
「結婚新生活支援事業費補助金 (結婚助成金)」。
20代~30代女性1373名を対象に
実施したアンケート結果によると
「助成金」があることを知っていた女性は
全体の13%にあたる178名でした。

そんな「助成金」について
「最近ニュースやネットで存在を知った」と答えた女性は187名、
「ご自身が結婚するときに調べた」という方は80名、
「前から知っていたと答えた」という方は70名ということが分かりました。

このような回答から、
「結婚新生活支援事業費補助金」は
20~30代女性の認知度が低いことが分かりました。

「助成金」を貰った又は貰う予定と答えた女性は5%。

約3分の1の女性が
最近ニュース等で知ったと回答している中で、
実際に「助成金を貰った、又は貰う予定」と答えた女性はたったの5%。
多くの女性が現時点での「該当地域」に住んでおらず、
また、対象条件外であるということが分かりました。

「助成金」をもらった、又はもらう予定と回答した女性の声

・助成金を貰えるのは有り難い、結婚式の費用に充てる。
・引っ越しや家賃等にしか使えないと聞きました。
・新居の購入資金にあてます。
・子どもの将来の為に貯金に充てます。
・家具家電などの引っ越し費用にあてるつもりです。

「助成金」についてリアルな意見や考えも聞きました!

・対象地域でもなく、世帯年収も対象外です。誰が受け取れるのだろうという印象です…
・そのような情報はどこから知るのでしょうか?なかなか情報が届きません。
・東京なのに貰えません。生活にもお金がかかる地域なのに…という気持ちです。
・年齢制限をかけるのをやめてほしいと思う。
・世帯年収の設定が低すぎて共働きだと貰えません。結婚にあたりお金が必要なので手厚くしていただきたい。
・対象の市町村が少なすぎて、ぬか喜びでした。全自治体や国レベルでやってほしいです。
・新婚生活はなにかとお金がいるので全世帯支給してもらいたい。
・知らない人が沢山いるし、もっとテレビや雑誌で教えてもらいたい、情報が届いていない。

以上のように、
①対象エリアの少なさ
②世帯年収の条件
③対象年齢の条件に疑問の声があがりました。
また、知らないと回答する女性が多く、
もっと情報を発信する場を増やしてほしいという声もあり、
誰に相談しどうやって申請するものなのか
調べてもよくわからないといった回答も見られました。

——————————————————————————-
[調査概要]
表題:「結婚新生活支援事業費補助金 (結婚助成金)」に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:2020年10月25日~10月27日
有効回答:1373名
———————————————————————————

Back to Top