9月以降結婚式に「出席」と回答したのは全体の82%、全体の半数以上が年内に結婚式参列予定と回答。「コロナ禍の結婚式」について1139名の女性に調査しました。

目次

ウェディングプランナー登録数日本最大!結婚式業界唯一のチャット相談プラットフォーム「PLACOLE WEDDING」を運営する、冒険社プラコレ(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:武藤功樹、以下「プラコレ」)は、20代~30代女性1139名に「withコロナ時代の結婚式」について調査を実施致しました。

■まとめ

20代~30代女性1139名が回答した「withコロナ時代の結婚式」について。
・2020年9月以降結婚式に出席と回答したのは全体の82%
・全体の半数は、すでに結婚式参列した・年内に参列予定があると回答。
・「gotoキャンペーン」がはじまりが結婚式参列のきっかけになったと答える女性が多数。
・結婚式場の感染対策は安心できるとの回答も多くみられた。

プラコレは「自由な未来をつくる」という経営理念のもと、Instagramのストーリーズを活用し、リアルな花嫁様の本当の声を収集。その声から本当に知りたい情報を発信しています。ブライダル業界のSNSリーディングカンパニーとして「自由な結婚式をつくる人を増やす」をサービス理念に、ユーザーだけでなく、ブライダル業界で働く人たちのお給料をあげられるような業界改革を熱量もって推進しているチームです。

2020年9月以降、結婚式招待状に「出席」と回答したのは全体の82%

「gotoキャンペーン」がはじまり、コロナ感染対策を行いながら社会活動が活性化し始めた昨今、結婚を決めたお二人の門出ある「結婚式」の実施・参列状況を1139名の女性に調査。9月以降届いた結婚式の招待状の返信は、全体の82%の方が「出席」と回答。「欠席」を決めた方の声としては"妊娠中なので"という声が多くあがりました。

<「出席」と回答した方々の意見>
・結婚式場が感染対策をきちんとしると思うし、例えば居酒屋など知らない人がいる大勢いる場所に行くより参列者すべての情報がわかっている結婚式の方が安全と判断した。
・現時点で結婚式関連のクラスター発生は聞かず、ガイドラインで感染対策もしっかりとしていると感じる。

<「欠席」と回答した方々の意見>
・妊娠中で県外にでるのは少し怖いため。
・職場のルールで4名以上の会食を禁止されているため。
・コロナというより、小さな赤ちゃんがいるので断りました。

全体の半数以上は、すでに結婚式参列した・年内に参列予定があると回答。

アンケートによると1133名のうち、全体の半数以上である51%が、2020年9月以降にすでに結婚式参列した・年内に参列予定があると回答。多くの方が「コロナ禍の結婚式」に参列していることがわかりました。

多くの結婚式場がガイドラインに沿って感染対策を実施。

多くの結婚式場・婚礼施設が公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が定める、「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」に沿って感染対策を行っていますが、アンケート調査した参列者に関しても自身で感染対策を行っていることが分かりました。

<「出席」と回答した方々の感染対策>
・アルコールジェルを持ち歩きます!
・食事中はなるべく話さず、正面に座ることを避ける
・妊娠中なので挙式のみ出席し、披露宴はでません。
・できる限りのソーシャルディスタンスを保ちます!

——————————————————————————-
[調査概要]
表題:「withコロナ時代の結婚式」に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:2020年10月6日~10月7日
有効回答:1133名
———————————————————————————

Back to Top