DNSレコードの種類

目次

記事を書くと、考えがまとまるので良いですね。
どうもこんにちは井出です。

先日DNSのレコードを設定する際に、
そういえばこのレコードタイプの意味って?というのがあり、
よく使うものと併せてまとめました。

DNSとは

DNSとは、Domain Name Systemの略で
インターネットの住所であるドメイン(弊社でいうpla-cole.coの部分)
と対応するIPアドレスの管理に使用されています。

DNSレコードの種類

DNSレコードとはゾーンの詳細データを定義、管理するものとなり、
いくつかあるので下記にまとめさせていただきます。

NSレコード

Name Serverの略で、
どのDNSサーバーがそのドメインを管理しているかを定義するレコードになります。
ちなみにドメインには、複数のNSレコードが存在するのが多いため
プライマリー・バックアップのネームサーバーがあり、全てを適切に設定する必要があります。

設定方法

Aレコード

Addressの頭文字になり、
特定ドメインのIPアドレスを関連付けるレコードになります。
Aレコードを参照してホスト名からIPアドレスを割り出す

設定方法

AAAAレコード

ドメイン名に対するIPv6アドレスを指定するレコード

Aが4つ並んでいるのは、IPv4では32ビットだったのがIPv6では128ビットになり、
単純に4倍になったから4つ付けたという由来とのこと

設定方法

CNAMEレコード

Canonical Nameの略になり、
正規ホスト名に対する別名を定義するレコードになり
特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。

Aレコードで同じIPアドレスに設定しても動作できますが、
利点としてはAレコードで1つIPアドレスに設定し、
別名のCNAMEレコードで定義しておけば、IPアドレス変更時にその1つを変更するだけで済むということもあります。

設定方法

MXレコード

Mail exchangeの略になり、
送信サーバーは宛先のドメインサーバを照会するための情報となります。

設定方法

TXTレコード

TEXTの略になり、
登録したドメインやホスト名に対する説明用として利用します。
次に説明しますがSPFレコードの定義であったり、様々なサービスのアプリケーションでの
ドメイン認証に用いることが増えてきています。

設定方法

SPFレコード

Sender Policy Frameworkの略になり
電子メールの送信者偽称を防ぐ送信ドメイン認証に必要となります。
なりすましメールの防止になり
受信側がメール受信時に送信側のSPFレコードを照合し、認証を行う事により
なりすましかどうかを判断する基準の1つとなっています。

設定方法

SOAレコード

Start Of Authority recordの略になり
DNSサーバのデータの定義や管理を行なっています。

以下の設定が可能になります。

  • serial:シリアル番号を10桁以内の数字(日付+通し番号:yyyymmddxxxxが一般的)
  • refresh:セカンダリサーバーがプライマリサーバーにゾーン情報の更新を確認する間隔
  • retry:セカンダリサーバーがゾーン情報を更新できなかった場合に再度更新を試みる間隔
  • expire:ゾーン情報の更新ができない状態が続いた場合にセカンダリサーバーが持っているデータが無効になるまでの時間
  • min:ネガティブキャッシュのTTL

設定方法
ドメイン名. クラス名 SOA DNSサーバのドメイン名 連絡先 (serial refresh retry expire min )

PTRレコード

Pointer Recordの略になり
Ipv4アドレスとホスト名を紐付けるレコードになります。
主にIPアドレスからの逆引きで用いります。

設定方法
IPv4の場合はIPアドレスの表記を逆順にした上で「in-addr.arpa.」を最後に付け加えます。

まとめるとこんな感じかと思います。

レコードタイプ 意味
NS (Name Serve) ゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名
A (Address) ドメイン名に対するIPアドレス(IPv4)
AAAA (AAAA record) ドメイン名に対するIPアドレス(IPv6)
CNAME (Canonical NAME) ホスト名に対する別名
MX (Mail Exchange) 対象ドメイン宛のメールの配送先(メールサーバ)のホスト名
TXT (TEXT) ホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)
SPF (Sender Policy Framework) メールの送信元認証、なりすまし防止
SOA (Start Of Authority record) DNSサーバのデータの定義や管理
PTR (Pointer record) アドレスとホスト名を紐付ける

確認方法

ドメインからの確認(正引き)

IPからの確認(逆引き)

触らないとチンプンカンプンな領域ですが
いざやってみると理解が深まると思うので
機会があればぜひドメイン取得して試して頂けばと!

Back to Top