canonical(カノニカル)について、もう一度話をしようじゃあないか。

目次

皆さんこんにちは、今年ももう折り返しですねぇ〜。
来月にはオリンピックもあります。暑い夏をみんなで楽しみたいですね!

さて今回は、色々なパターンでcanonicalで対応するという場面がありましたので
今一度canonicalについて備忘録も踏まえて書いていければと思います!

canonicalとは

自分みたいなテクニカルSEO真っ只中で育った人間界隈からすると
canonicalが導入されたのが2011年頃で、結構テクニカル部分でも重要な要素でした。
結構これを使うことで順位をうまく調整できたイメージもあり。
このcanonicalのことを説明していたのが当時グーグルのマイリー・オーイエ氏だったのですが
この人が紹介するTipsは使えるぞ!と密かに思っていたのをよく覚えております。

当時私達の間ではキャノニカルとキャノニカルと言って、カノニカルと言ってる人をクスクス言っておりましたが、
どうやら正解はカノニカルらしく、10年越しに恥ずかしくなったのは内緒でございます。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、
canonicalは何をするものなのでしょうか。

それは、サイトにおけるページを正規化させるというタグになります。
イマイチわかりにくいですかね?
単純に言うと私は私だよっていうタグなんです!
なぜこれが必要か?それは大きく分けますとこういうケースがあるからなんです。

GoogleはURLを別ページ見てしまう


例えば下記のようなURLがあるとします。
これは一番わかり安い方法なのですが、流石にcanonicalタグが発表になってから
10年の歳月が流れているので、対策を行っているサイトがほとんどですから
今、こういうサイトを見つけるほうが大変なのですが、

https://testtest.com
https://www.testtest.com
https://testtest.com/index.html
https://www.testtest.com/index.html

上記URLは例として適当なアドレスにしています。
一見すると、これはどのリンクを押したとしても、全部同じページが表示されることになります。
ですが、Googleの検索エンジンはそれが表示は同じだとしても、4つのページとして認識してしまうのです。
同じページなのに、4つのページとして認識してしまうと何がおこってしまうのか。

重複ページ

同じ内容のページが多くあると言うことは、サイトの中で不自然であり、サイトのボリュームを増やして
評価をされようとしているのではないか(小手先のずるいペナルティ行為)として判断されてしまう。
意図的ではないにせよ、そういうふうに見られるのはもったいないです。

そんな時に使えるのが、このカノニカルタグです。
これをページにそっといれてあげます。
この時に入れるURLは自分が運用していく上で正しいと思うURLで大丈夫です。
そうすることで、4つのページに認識していたものを1つとして認識してもらうことが
可能になります。

評価の分散を防ぐ


4つのページとして認識しているということは、それだけページの内容の評価が分散して
しまっているということになります。上記のような重複ページをまとめることによって、
評価の分散を防ぐ効果があるのです。

重複ページのあれこれ

基本的には、canonicalのタグを記述することで、URLを統一することが可能になることで
ただしいサイトの評価をしてもらえると様になります。

ここではより詳しいパターンとしてcanonicalの使い所をお教えていたします!

パラメータの対応を統一化できる

サイトにパラメータがつくパターンと言うのを見たことがないでしょうか?
例えばECサイトとかで見たことはないでしょうか?
https://hogehoge.com/shouhina?utm-xxxxxxx&xxxx
https://hogehoge.com/shouhina?utm-xwwx&xxwwwwxx
など長いパラメータがつくパターンのURLがあると思うのですが、
これもGoogleは別々のページとして判断してしまう可能性があります。
そういうのをcanonicalタグを使うことで正規化して、統一することができるのです!

重複としての認識を別々として認識させる


同じような仕組みのテンプレートを使ったサイトでイベントなどを行った場合は
情報が一部しか変わらない場合、Google側が重複ページとして認識して
しまうケースがあります。もちろんあまりにも同じすぎるようでしたら、対応するかは
判断をしっかりとしたほうが良いと思いますが、もしこれは重複ページではなく
それぞれのページとして認識させたいと思った場合。
このcanocnicalをそれぞれのページに設定をすることで、
それぞれが独自のページとして認識させることが可能になります!

canonicalの設置方法

長々と書いてきましたが、ようやくここでカノニカルの設置方法をお知らせします。
カノニカルは内にかけばいいんです!

上記のようにインデックスに登録させたいURLを記述します。
こうすると、検索結果に表示されるページはcanonicalで指定しているURLになります。

canonicalで注意したいところ

サイトの中で一番やってしまうとまずいことをお知らせして
今回のcanonicalのお話を締めたいともいます。

canonicalでわかっていないとよくやりがちなのは、
サイトの全部のページに同一URL(主にTOP)を設置してしまうということです
そうなると、全てのページがTOPページとして統一して認識してしまうので、
サイトのボリュームが1ページになってしまうということになります。
これだけは気をつけないといけません!
これをやってみて失敗した経験がある私が言うのだから、これをやってしまうと
戻すまでちょっと時間かかるので、気をつけましょう!

さていかがでしたでしょうか。
今回最近ちょっとcanonicalタグで気になる点があったので
書いてみました。またこういうタグのようなお話ができればとおもいます。

Back to Top