railsのアプリケーションサーバについて

目次

お久しぶりです。井出です。

今年もやってきましたアドベントカレンダー!
ダニーさんの流れで、自分も今年の振り返りをしてみようと思います。

去年まで自分のメイン言語はPHPでしたが、今年からRubyをメインにシステム開発していました。
記載方法が独特で最初は苦しめられましたが、振り返ってみると凄い楽しい言語です。
まだまだ理解できていない部分もあるので、来年はより深く理解できるよう進めていきます!

そんなこんなで、rubyのFWであるRailsで有名なサーバアプリケーション
puma / unicorn について、先日というか昨日なんですが
コマンドを調べる機会があったので
機能の違いとあわせてまとめてみようと思います。

unicornについて

前提:unicornはマルチプロセス/シングルスレッドです。

Unicornはプロセスごとに通信処理を行います。
そのため低速なio処理があった場合そこで足止めを食らい全体が重くなってしまいます。
これを回避するためにorkerの数を増やす必要がありますが
workerはCPUのコア数に依存する部分もあります。

コマンド

起動

-E 実行環境変数
-c 設定ファイルの位置
-D デーモン化

停止

再起動

緩やかな再起動

旧プロセスを保持した状態で、新プロセスを起動
起動後旧プロセスに停止シグナル(QUIT)を実施し停止させる。

(仕様は https://github.com/phusion/unicorn 参考)

pumaについて

前提:pumaはマルチプロセス/マルチスレッドです。

rails5.2から標準機能となった。
リクエスト処理をスレッド単位で溜めて、それをマルチに実行することでの並列処理を可能としています。
リソースが少ない中でも効率的にリクエストをさばくことが可能になります。

コマンド

起動

-C 設定ファイルの位置
-d デーモン化

停止

再起動(設定ファイルリロード無)

再起動(設定ファイルリロード有)

使用用途によって使い分けることができれば素敵ですが
大規模システムでもない限り、パフォーマンスへの影響は無さそうですね。
こちらの記事が、両者の性能部分などをまとめてくださっています。

Now hiring!
プラコレでは、自由な未来をつくるために
一緒に冒険したいエンジニア・デザイナーを募集しています!
https://www.wantedly.com/projects/262436
運営サービス
PLACOLE(プラコレウェディング)
DRESSY(ドレシー)byプラコレ
farny(ファーニー)byプラコレ

Back to Top