【wordpress】wp_link_pages() — 長い投稿記事を記事をページ分割しよう!

目次

今回はwordpressに関する情報です。

投稿する記事を何ページにわたって表示するかを
決めることがでるのでその方法を紹介します。

投稿された記事に<!--nextpage-->と入力すると記事が分割されます。
そして分割されたページのリンクを出力するためには、
テンプレートタグwp_link_pages()を使います。

今回はその方法についてご紹介していきます。

1.投稿を任意のタイミングで分割する

記事のテキストエディタを開きます。

そして<!--nextpage-->タグを分割したいところに挿入します。

すると、ビジュアルエディタではこのように----PAGE BREAK----と表示されます。

2.分割したページへのリンクを作る

記事内にあるwordpressループの中で<?php wp_link_pages(); ?>を入力します。

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/wp_link_pages

すると自動的に次のページに遷移するためのページ番号が出力されます。
クリックすると分割した次のページに飛ぶことができ
分割した数だけ自動的に数字が出ます。

2.5 ページネーションはカスタマイズも可能

このwp_link_pagesはカスタマイズも可能です。

キー
'before' リンクの前に表示する文字列。
'after' リンクの後に表示する文字列。
'link_before' beforeより前に出力する文字列。デフォルトは空文字列
'link_after' afterより後に出力する文字列。デフォルトは空文字列
'next_or_number' 「前のページ」「次のページ」と表示するかページ番号で表示するかを選択する
'separator' ページ番号を何で区切るか。
'nextpagelink' 「次のページ」のリンクに使用する文字列。next_or_numberで'next'を設定している場合に有効
'previouspagelink' 「前のページ」のリンクに使用する文字列。next_or_numberで'next'を設定している場合に有効
'pagelink' ページ番号に使用するフォーマット

一つの記事を読むだけで分割した分だけの既読数に繋がるので便利でっす!!!

Back to Top